2016.10.9 18:37

横浜M、逃げ切れず…「生命線」斎藤を日本代表遠征で欠き迫力不足に/ルヴァン杯

横浜M、逃げ切れず…「生命線」斎藤を日本代表遠征で欠き迫力不足に/ルヴァン杯

決勝進出を逃し、肩を落とす中沢(左端)ら横浜Mイレブン=日産スタジアム

決勝進出を逃し、肩を落とす中沢(左端)ら横浜Mイレブン=日産スタジアム【拡大】

 YBCルヴァン杯準決勝第2戦(9日、横浜M1-1G大阪、日産ス)横浜Mは本拠地で逃げ切れず、アウェーゴールに泣いた。後半11分に伊藤が先制点を挙げたが、右太もも裏を痛めて3分後に退くアクシデントが発生。遠藤のゴールで追い付かれると反撃に力がなく、DF中沢を前線に上げる終盤のパワープレーも実らなかった。

 サイドの突破力を生かす速攻が持ち味だが、GK榎本が「うちの生命線」と語るドリブラーの斎藤を日本代表の遠征で欠いていた。片輪を失った状態では迫力不足で、中沢は「攻守ともに相手が上回った」とうなだれた。

横浜M・モンバエルツ監督(アウェーゴールで敗退)「G大阪は経験があり、1-1のスコアをうまく使った。けが人や代表で抜けた選手がおり、スピードを生かした攻撃ができなかった」

試合結果へ試合日程へ

  • 前半、攻め込むG大阪・遠藤。右は横浜M・中沢=日産スタジアム
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. Jリーグ
  4. 横浜M、逃げ切れず…「生命線」斎藤を日本代表遠征で欠き迫力不足に/ルヴァン杯