2016.9.25 21:25

川崎が初のチャンピオンシップへ 横浜Mに勝利し年間勝ち点66

川崎が初のチャンピオンシップへ 横浜Mに勝利し年間勝ち点66

前半、先制点を決め、川崎・小林(左)と抱き合って喜ぶ狩野=等々力陸上競技場 (撮影・中井誠) 

前半、先制点を決め、川崎・小林(左)と抱き合って喜ぶ狩野=等々力陸上競技場 (撮影・中井誠) 【拡大】

 明治安田J1第2ステージ第13節(25日、川崎市等々力陸上競技場ほか=9試合)年間順位で首位の川崎と2位の浦和が年間3位以内を確定し、チャンピオンシップ出場を決めた。川崎は横浜Mに3-2で勝って年間勝ち点66で初めて、浦和は広島に3-0で快勝し、同64で2年連続出場。ステージ首位を守った浦和は勝ち点31とし、川崎が同28で2位に浮上した。

 G大阪はFC東京と3-3で引き分け、勝ち点27でステージ3位に後退。神戸は福岡に4-1で大勝し、柏は甲府を1-0で下してともに同26。年間順位16位の名古屋が仙台に勝ち、鹿島に敗れ4連敗の同15位新潟に勝ち点1差とした。磐田-湘南、大宮-鳥栖は引き分けた。年間17、18位の湘南と福岡は次節にもJ2降格が決まる。

川崎・風間監督(控え選手が躍動して勝利)「一人一人力の差はあるが、いろいろ考えるより選手たちを信頼していた。最後まで取り返すメンタルが芽生えてきた」

試合結果へ

  • 前半、横浜M・中沢(右)と競り合う川崎・小林=等々力陸上競技場(撮影・中井誠)
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. Jリーグ
  4. 川崎が初のチャンピオンシップへ 横浜Mに勝利し年間勝ち点66