2016.6.13 05:02

山口蛍、Jリーグ復帰を希望…独ハノーバーで出場わずか6試合

山口蛍、Jリーグ復帰を希望…独ハノーバーで出場わずか6試合

特集:
山口蛍
ハノーバー・山口蛍(ゲッティ=共同)

ハノーバー・山口蛍(ゲッティ=共同)【拡大】

 ブンデスリーガ2部に降格したハノーバーの日本代表MF山口蛍(25)が、Jリーグ復帰を希望していることが12日までに分かった。古巣J2のC大阪・玉田稔社長(62)が「日本に帰りたいという話を聞いた」と明かした。

 山口は今年1月にC大阪からハノーバーへ完全移籍したばかりだが、3月の代表戦で左眼窩底骨折の重傷を負ったこともあり、出場6試合に終わった。移籍後わずか半年ということから、玉田社長は「もう少しがんばったらどうか」と話したというが、本人の思いが強いという。

 高額な移籍金がかかる可能性もあり「取りにいくわけではない。彼が抜けて補強をしたわけだし、お金もあるわけではない」と渋い表情。他クラブからオファーを受ける可能性もあるが、今後のクラブ間交渉で「できることはしてあげたい」と古巣の利点を生かすつもりだ。

山口 蛍(やまぐち・ほたる)

 1990(平成2)年10月6日生まれ、25歳。三重県出身。小学3年でサッカーを始める。2003年にC大阪ユース入りし、09年にトップチーム昇格。今年1月にハノーバー(ドイツ)に移籍した。代表では12年ロンドン五輪代表。13年7月の東アジア杯・中国戦でA代表デビュー。14年ブラジルW杯出場。ブンデスリーガ昨季6試合0得点。J1通算102試合10得点。J2通算38試合1得点。代表通算25試合1得点。1メートル73、72キロ。