2016.3.12 20:03

新加入の横浜M・富樫、左足で先制点「シュートには自信あった」

新加入の横浜M・富樫、左足で先制点「シュートには自信あった」

前半、先制ゴールを決め駆けだす横浜M・富樫=デンカスタ

前半、先制ゴールを決め駆けだす横浜M・富樫=デンカスタ【拡大】

 明治安田J1第1ステージ第3節最終日(12日、新潟1-2横浜M、デンカS)プロ初先発した横浜Mのルーキー、富樫と遠藤が後半途中までプレーし奮闘した。

 関東学院大から新加入のFW富樫は前半25分に相手DFと入れ替わって抜け出し、左足で先制点を決めた。特別指定選手だった昨季は途中出場が続き、J1初ゴールも挙げた点取り屋。慣れない先発でウオームアップの力加減を誤り、前半の内に脚がつっていたというが「シュートには自信があった」と笑った。

 下部組織出身の18歳、遠藤は右MFでスピードあふれる仕掛けを披露。「すごく緊張した」と笑う顔はあどけなかった。

横浜M・モンバエルツ監督の話「ハードな試合となったが、3試合目で待っていた初勝利を得た。非常にうれしい。選手をたたえたい」

試合結果へ

  • 前半、先制ゴールを決める横浜M・富樫=デンカスタ
  • 新潟に勝利し、サポーターにあいさつする横浜Mイレブン=デンカスタ
  • 後半、決勝ゴールを決める横浜M・斎藤(左)=デンカスタ
  • 後半、決勝ゴールを決め駆けだす横浜M・斎藤=デンカスタ