2016.1.20 13:47

「ゲイと言われた」インテルミラノ監督、ナポリ指揮官に「差別主義者」と激怒!

「ゲイと言われた」インテルミラノ監督、ナポリ指揮官に「差別主義者」と激怒!

「ゲイと言われた」インテルミラノ監督、ナポリ指揮官に「差別主義者」と激怒!

「ゲイと言われた」インテルミラノ監督、ナポリ指揮官に「差別主義者」と激怒!【拡大】

 コッパ・イタリアで準決勝に進出したにもかかわらず、インテルミラノのロベルト・マンチーニ監督は笑顔を見せていない。対戦したナポリのマウリツィオ・サッリ監督から侮辱されたからだ。マンチーニ監督は試合後に怒りをあらわにした。

 インテルミラノは19日、敵地でナポリに2-0と勝利し、コッパ・イタリアでベスト4に駒を進めた。だが、チームが終盤に2点目を奪い、勝利を確実にした直後、マンチーニ監督はナポリのベンチ前でサッリ監督と口論。退席を命じられている。

 試合後、マンチーニ監督は『Rai』のインタビューで、敵将との口論について次のように明かした。ゲイと言われたという。イタリアメディアがコメントを伝えた。

 「口論した理由? サッリに聞いてくれ。彼は差別主義者だよ。彼のような人間はサッカー界にいるべきではないと言っておく。サッリは差別的な言葉を使った」

 「私は、アディショナルタイムが5分だった理由を第4審判に尋ねただけだ。だが、彼は私を罵倒し始め、『ゲイ』『男色家』と言ってきたんだ。彼は60歳だよ。恥ずべきだ。このエピソードは、すべてを打ち消す。恥ずかしいことだ。イングランドでは、こんな振る舞いをしたら、もうピッチにはいられない」

 サッリ監督は謝罪したという。だが、マンチーニ監督の怒りは収まらない。

 「彼を探してドレッシングルームに行った。彼は『申し訳ない』と言ってきたよ。だが、私は『あなたは恥じるべきだ』と返した」(Goal.com)