2015.12.5 21:33

広島が2年ぶり3度目の年間王者…FW浅野が値千金の同点弾

広島が2年ぶり3度目の年間王者…FW浅野が値千金の同点弾

前半、突破する広島・ドウグラス(中)=エディオンスタジアム(撮影・永田直也)

前半、突破する広島・ドウグラス(中)=エディオンスタジアム(撮影・永田直也)【拡大】

 明治安田チャンピオンシップ決勝第2戦(5日、広島1-1G大阪、Eスタ)本拠地で行われた第1戦で3-2と先勝した年間勝ち点1位の広島は、第2戦で同3位のG大阪と引き分け、2戦合計4-3としチャンピオンシップ制覇を果たした。2年ぶり3度目の年間王者となった広島は10日に開幕するクラブW杯に開催国代表として出場する。

 敵地で行われた第1戦でアウェーゴールを3点を入れて有利に立つ広島は、得点が必要なG大阪の攻勢に押され試合の主導権を握られた。前半27分にMF今野に先制を許すなど1点を追う展開で前半を終えた。

 後半に入ると12分にFW佐藤に代えてFW浅野、20分にMFミキッチに代えてMF柏を投入。するとこの采配でチャンスをつかむ。31分に右サイドを突破した柏がゴール中央へクロス。これに反応した浅野が頭で押し込んで広島が同点に追いついた。

 同点に追いつかれたG大阪が最後まで猛攻を見せたが、広島のDF陣が最後まで守り切って追加点を許さず。1-1のまま試合を終わらせ、広島がチャンピオンシップ制覇を成し遂げた。

村井満・Jリーグチェアマンの話「広島の堂々たる優勝だった。チャンピオンシップは少しの隙が命取りになる緊張感の高い試合になった。広島は最後に浅野が決めたように、若手とベテランのバランスが良かった」

試合結果へ試合日程へ年間順位表へ

  • 後半、同点ゴールを決め祝福を受ける広島・浅野(中)=エディオンスタジアム(撮影・永田直也)
  • 前半、突破をはかる広島・佐藤(左)=エディオンスタジアム(撮影・永田直也)
  • 前半、ボールを止めるG大阪・東口=エディオンスタジアム(撮影・松永渉平)
  • 後半、同点ゴールを決める広島・浅野(中央奥)=エディオンスタジアム(撮影・永田直也)
  • 試合前、観客に手を振る日本代表・ハリルホジッチ監督=エディオンスタジアム(撮影・松永渉平)
  • 前半、競り合う広島・青山(左)とG大阪・宇佐美=Eスタ
  • チャンピオンシップ決勝第2戦の視察に訪れたサッカー日本代表のハリルホジッチ監督=Eスタ
  • 前半、パスを出すG大阪・宇佐美(左)=Eスタ