2015.10.21 11:00(2/2ページ)

【私の失敗(2)】北沢豪、カズと6時間かけアルプス越え“逃亡”

【私の失敗(2)】

北沢豪、カズと6時間かけアルプス越え“逃亡”

“逃亡中”の北沢、カズの姿を1面で報じた1998年6月5日付のサンケイスポーツ。カズの金髪が衝撃的だった

“逃亡中”の北沢、カズの姿を1面で報じた1998年6月5日付のサンケイスポーツ。カズの金髪が衝撃的だった【拡大】

 “逃亡2日目”の6月3日。カズさんが「気分転換で」と郊外の美容院で派手な金髪にした。僕も一緒だったけれど、バッサリと短髪に…とは考えなかったね。

 滞在中は人目につかないようにホテルにいる時間が長かった。でも、暴飲暴食はせずに体調には留意した。考え方をしっかり持つためにね。そして4日発の便で5日に帰国して「空白の3日間」は終わった。成田空港の喧噪は今でもはっきりと脳裏に刻まれている。

 日本がW杯初戦でアルゼンチンと戦った14日、僕はW杯に沸く日本から離れたくて妻とグアム島にいた。でもやっぱり試合が気になるからテレビをつけたけれど放送していなくて。実家に電話して中継の音声だけ聞かせてもらったんだ。

 腹が立ったのはジャマイカとの3戦目(26日)。すでに帰国してV川崎の合宿先の福井で中継を見ていたら、岡田さんは途中からシステムを4バックに変えた。その瞬間、「おい、そりゃねえよ!!」って叫んでしまった。僕らは3バックだとプレーするポジションがないという理由でメンバーから外されたのに…。

 あれから17年。岡田さんとは、きちんとお付き合いさせてもらっている。会えば話をするし、毎年年賀状も出している。でも好きか嫌いかと聞かれたら嫌いだな。だって、あれ(落選)で僕のサッカー人生が違ったものになったんだから。

(紙面から)

  • 1998年6月5日、カズ(右)とともに成田空港に降り立った北沢は、その足で失意の帰国会見に臨んだ