2015.7.28 05:01(2/2ページ)

新生なでしこ練習開始!猶本、宮間の『8』で「負け許されない」

新生なでしこ練習開始!猶本、宮間の『8』で「負け許されない」

トレーニングをする高瀬愛実(左)と猶本光(右)=愛知県名古屋市内(撮影・森本幸一)

トレーニングをする高瀬愛実(左)と猶本光(右)=愛知県名古屋市内(撮影・森本幸一)【拡大】

 気温35度のうだるような暑さの下で汗を流したMF猶本が、東アジア杯制覇へ意気込んだ。

 「なでしこジャパンとして戦いに行く。日の丸を背負うので負けることは許されない」

 前日まで、なでしこリーグに出場した選手が多く、この日はランニングとボール回しで約1時間の軽めの調整。リラックスした表情を浮かべていた猶本だが、大会に懸ける思いは特別だ。

 女子W杯カナダ大会で準優勝した海外組や主将のMF宮間(岡山湯郷)ら主力は休養のため、招集が見送られた。ここで存在感を示せば、代表定着へのアピールとなる。

 そのW杯を猶本はテレビ観戦。刺激を受けた一方で「いまの自分はまだあの舞台に立つ力がない。プレーのスピードを上げていかないと」と課題を自覚した。

 今大会は苦戦が必至。W杯で決勝トーナメントに進んだ中国と韓国は、ほぼベストメンバーを組んだ。北朝鮮には昨秋の仁川アジア大会決勝で1-3と完敗している。

 それでも、宮間の背負う「8」を引き継いだ猶本は「優勝を目指さなければ。結果を出します」と明言した。「なでしこ」の名を汚すわけにはいかない。 (丸山汎)

なでしこ日程へ

(紙面から)

  • 猛暑をものともせず、笑顔でボールを追う猶本(右)。なでしこの誇りを胸に、中国に乗り込む(撮影・森本幸一)
  • ボールを負う猶本(中央)右は上尾野辺=愛知県名古屋市内(撮影・森本幸一)
  • 指示を出すサッカー女子日本代表・佐々木則夫監督(中央)=愛知県名古屋市内(撮影・森本幸一)
  • ランニングをするサッカー女子日本代表なでしこジャパン=愛知県名古屋市内(撮影・森本幸一)
  • トレーニングをする高瀬(右)と菅沢(中央)=愛知県名古屋市内(撮影・森本幸一)
  • トレーニングをする小原(中央)=愛知県名古屋市内(撮影・森本幸一)