2015.7.10 08:40

FC東京が映画になる!監督はサッカー経験者の榊原氏

FC東京が映画になる!監督はサッカー経験者の榊原氏

 J1・FC東京の今季シーズンを追ったドキュメンタリー映画の制作が10日、決定した。

 タイトルは「TOKYO(仮)」。過去最高の2位という成績を収めた第1ステージの戦いぶり、そして日本代表FW武藤嘉紀(22)をドイツ・マインツに送り出して迎える第2ステージに、サッカー経験者で短編映画「平穏な日々、奇蹟の陽」などで知られる映画監督、榊原有佑氏が密着。企画・制作は「株式会社and pictures」が担当する。

 公開は来年2月下旬の予定。異色作に注目が集まりそうだ。