2015.7.7 05:04(1/2ページ)

【山郷のぞみ 女神セーブ】リオへ次世代への変革なくして向上なし

【山郷のぞみ 女神セーブ】

リオへ次世代への変革なくして向上なし

特集:
山郷のぞみ 女神セーブ
前半3分に先制点を許したなでしこ。GK海堀(背番号18)のセービングも及ばなかった(AP)

前半3分に先制点を許したなでしこ。GK海堀(背番号18)のセービングも及ばなかった(AP)【拡大】

 米国は別格でした。これまでにない気迫、プレーの質を持っていました。フィジカルの強さ、組織力を備え、圧倒的な強さを感じました。

 前半3分、5分の得点は、研究から計算し尽くされたもの。高いボールを第一に想定していた日本に対して、ゴール近くで注意を引く選手、後ろから飛び込む選手と、役割を持った選手をうまく配置。裏をかいて低くて、速いボールからゴールを決めました。

 GK海堀選手の出来も良くなかった。4失点目のロイド選手のロングシュートに対しては用意できておらず、ボールを追うバックステップの動きがぎこちなかった。さらに、5失点目はCKのボールに対して、パンチングするかどうかの判断が中途半端でした。

【続きを読む】