2015.6.20 17:58(1/2ページ)

浦和、16戦無敗で第1ステージ優勝! 後半途中から10人で神戸と1-1

浦和、16戦無敗で第1ステージ優勝! 後半途中から10人で神戸と1-1

前半、先制点を決め喜ぶ浦和・梅崎=ノエビアスタジアム神戸(撮影・中井誠)

前半、先制点を決め喜ぶ浦和・梅崎=ノエビアスタジアム神戸(撮影・中井誠)【拡大】

 明治安田J1第1ステージ第16節(20日、神戸1-1浦和、ノエスタ)首位の浦和が、敵地で12位の神戸と対戦。前半27分、MF梅崎司のゴールで先制すると、後半途中に宇賀神が退場で10人となったものの、失点1でしのぎ神戸と1-1で引き分け。開幕から16戦無敗(11勝5分け)とJ1記録を更新して、勝ち点38とし、第1ステージ優勝を決めた。 

 試合は、神戸のキックオフで始まった。浦和は5分、右からの崩しでダイレクトパスをつなぎ、最後はエリア左からMF武藤がシュートを放ったが、GKに阻まれた。9分には、左サイドを駆け上がった宇賀神が、武藤とのワンツーからシュートを放ったが、枠を外れた。

 20分には、エリア外の左でCKを得ると、このクロスにゴール前の槙野がフリーで頭で合わせたものの、シュートはバーを大きく越えた。24分には、神戸FWのペドロジュニオールの突破で1対1の決定的なピンチを迎えたが、GK西川がダイビングで好セーブした。

 浦和は27分、自陣から槙野が縦にドリブル突破すると、左の武藤に預けた。すかさず武藤がゴール前に横パスを送ると、興梠がスルーして、ゴール右のMF梅崎が右足で押し込み、先制した。

【続きを読む】

  • 前半、競り合う浦和・槙野(中央)=ノエビアスタジアム神戸(撮影・中井誠)
  • 前半、先制ゴールを決めた浦和・梅崎=ノエビアスタジアム神戸(撮影・松永渉平)
  • 前半、梅崎のゴールをアシストする浦和・興梠(右)=ノエビアスタジアム神戸(撮影・中井誠)