2015.3.28 05:01

ハリルJ、次は31日ウズベキスタン戦 アジア杯でベスト8

特集:
ハリルJAPAN
前半、指示を出すハリルホジッチ監督=大銀ドーム

前半、指示を出すハリルホジッチ監督=大銀ドーム【拡大】

 ハリルジャパンの第2戦の相手はウズベキスタン。W杯出場はなく、FIFAランクは日本の53位に対して72位。対戦成績も日本が5勝3分け1敗とリードする。

 しかし、直近2試合のブラジルW杯アジア予選で日本は、1分け1敗と勝利を挙げられなかった。今年1月のアジア杯(豪州)でもウズベキスタンは日本と同じベスト8に進出するなど、確実に力をつけてきている。

 そのアジア杯を戦った主力16人が、今回の来日メンバーに選ばれた。トップ下のMFジェパロフはドリブル、パス、シュートのどれをとってもそつがない32歳のレフティー。ボランチのMFアーメドフは、スピードを生かした攻撃と献身的な守備が持ち味。ともに警戒が必要だ。自国出身のミルジャラル・カシモフ監督が指揮を執る。

ウズベキスタン

 中央アジアに位置し、アフガニスタンなどと国境を接する。面積は44万7400平方キロ(日本の約1・2倍)。人口は2890万人(2013年)。首都はタシケント。言語はウズベク語。通貨はスム。1991年のソ連崩壊によって独立した。主要産業は綿繊維産業、食品加工など。元首はイスラム・カリモフ大統領。

代表メンバーへ

代表日程へ

(紙面から)