2015.2.7 05:03(3/3ページ)

霜田技術委員長は続投!J1、J2全40クラブが現体制支持

日本サッカー協会・技術委員会メンバー

日本サッカー協会・技術委員会メンバー【拡大】

 日本協会の大仁邦弥会長(70)、原博実専務理事(56)を含め責任者の最終的な処分は9日の常務理事会を経て12日の理事会に諮られるが、すでに協会は任命責任を問わない方針を固めている。処分の前に後任選びが始まったことを問われると、久米GMは「会長から新しい監督を推挙してくれといわれた。粛々と進めたい」と話した。会議に出たあるJクラブの担当者は、「関係ない人を呼んで来れば、後任人事はさらに遅くなる」と方針を支持した。

日本サッカー協会技術委員会

 日本協会の専門委員会の一つで各年代の日本代表、全国各地域のトレセンなどを統括する。2009年に監督の選定など代表強化の責任を担う「強化担当」と、ユース育成や指導者養成の役割を持つ「育成担当」に分かれ、活動している。現在は霜田正浩氏(強化担当)、山口隆文氏(育成担当)が委員長を務める。

(紙面から)