2015.2.7 05:03(2/3ページ)

霜田技術委員長は続投!J1、J2全40クラブが現体制支持

サッカー日本代表監督人事について進捗状況を説明する日本サッカー協会の霜田技術委員長(右)と久米技術委員=東京都文京区(撮影・桐山弘太)

サッカー日本代表監督人事について進捗状況を説明する日本サッカー協会の霜田技術委員長(右)と久米技術委員=東京都文京区(撮影・桐山弘太)【拡大】

 会議では、霜田技術委員長がこれまでの経緯や今後の方針を説明。現在の技術委員会メンバーが後任監督の選定を行うことで、J1、J2全40クラブの同意を得た。

 出席者によると、霜田委員長は「このまま自分がやっていいのか葛藤もあるが、皆さんに認めてもらえるのであれば」と続投の意思を表明。就任発表時に八百長疑惑が発覚していなかったことなどから、任命責任を問う声は出なかったという。

 技術委員でJ1名古屋の久米一正GM(59)は「ほっぽり出して誰もやる人がいないのはよくない。満場一致で、霜田頑張れ、と大拍手だった。Jと協会がタッグを組み、(代表カラーの)青い球になってやっていきたい」と語った。

【続きを読む】