2015.1.24 10:11

アギーレ監督、連覇かなわずも「チームに誇り感じる、今後もこの戦い方を」/アジア杯

特集:
アギーレJAPAN
アギーレ監督、連覇かなわずも「チームに誇り感じる、今後もこの戦い方を」

アギーレ監督、連覇かなわずも「チームに誇り感じる、今後もこの戦い方を」【拡大】

 日本代表は23日、アジアカップ準々決勝でUAEと対戦し、PK戦の末に敗れた。連覇はかなわなかったが、ハビエル・アギーレ監督は「このチームに対して誇りを感じる」と下を向かなかった。

 日本はUAEに先制を許す展開ながら、果敢に攻め続けて後半に途中出場した柴崎岳のゴールで追いついた。延長戦でも攻め続けたがゴールを揺らすことはかなわず、PK戦の末に連覇の夢もついえた。

 3人の交代枠を早々に使い、交代出場のMF柴崎岳のゴールで追いつくことには成功した。勝ち越すこと、さらに4強に進むことはできなかったが、指揮官は堂々と語った。

 「このチームに対して誇りを感じる。120分間すべてを出し切ってくれたと思う。攻撃やさまざまな形において相手を上回った」

 「立ち上がりの不注意なところから失点して、追いかける展開になった。しかし選手たちは最後まで戦い続けたと思う。最後は相手が勝ったが、相手より点を取ろうとトライしていたのはこちらだった」

 今大会中、日本以外のメディアからも八百長疑惑に注目されることがあった。この日の会見でも今後の進退を探る質問があったが、「1点差で負けたが、今日見せた戦いを続けなければいけない」「相手のように試合を通じてチャンスが1、2回しかなかったら心配するが、今後もこの戦い方を続けていく」などと、前向きな姿勢を崩さなかった。 

 ただし、日本サッカー協会による処遇を含めた八百長疑惑の進展が今後も注目されることは必至だろう。(Goal.com)

試合結果へ

アジア杯日程へ

代表メンバーへ