2015.1.17 10:02(2/3ページ)

豪州Vs韓国、優勝を争うライバルの直接対決は…/アジア杯

豪州Vs韓国、優勝を争うライバルの直接対決は…/アジア杯

豪州Vs韓国、優勝を争うライバルの直接対決は…/アジア杯【拡大】

 <ここまで目立っている選手は?>

 オーストラリア
 オーストラリアのロケットスタートの裏には、ルオンゴがけん引する姿があった。だが右サイドバックのイバン・フラニッチ、攻撃的MFのジェイムズ・トロイージ、懸命に走るアウトサイドFWマシュー・レッキーらも、よくやっている。GKマシュー・ライアンも、いくつか素晴らしいセーブを披露した。 2試合を終えて悪いパフォーマンスは見られなかった。ルオンゴとフラニッチ、トロイージ、レッキーのエネルギーと献身性が、アンジェ・ポステコグルー監督のハイテンポのプレッシングゲームの成功の鍵となっている。

  韓国
 正確なパスを放っているキ・ソンヨンが、絶対的に傑出している。だが、守備が不安定で攻撃が退屈な中、彼にできることはそう多くはなかった。少なくともオマーン戦の前半は、ボール保持で相手に劣っていた。 

 <鍵を握る選手は?>

 オーストラリア
 もしオマーン戦で休んだトロイージが先発に戻ってくれば、ルオンゴとのコンビが、オーストラリアが賢くボールを使う際の鍵になる。クウェート戦やオマーン戦のようにはボール保持はできないだろう。少ないチャンスをものにし、ファイナルサードで効率を上げる必要がある。

 韓国
 ソン・フンミンだ。風邪でコンディションはひどいものだが、韓国が得点するためには彼がベストの状態であることが必要だ。オマーン戦でも強い印象を残し、欠場したクウェート戦では「不在の在」を感じさせた。

【続きを読む】