2014.12.1 05:00

アジア女子最優秀選手に豪州代表・ゴリー 宮間、川澄は受賞逃す

 アジア・サッカー連盟は30日、マニラで年間表彰式を開催し、女子最優秀選手に豪州代表FWカトリナ・ゴリーを選出した。最終候補に入っていたMF宮間あや(岡山湯郷)、FW川澄奈穂美(INAC神戸)は受賞しなかった。女子最優秀代表チームはU-17日本代表、女子最優秀若手選手はU-18代表MF杉田妃和(藤枝順心高)、女子最優秀監督はU-17代表の高倉麻子氏が受賞した。AFC殿堂入りした奥寺康彦氏、澤穂希(INAC神戸)も表彰式に参加した。

(紙面から)