2014.11.29 16:10

浦和、勝利目前で痛恨の同点ゴール決められ2位転落…G大阪首位浮上

後半終了間際、鳥栖に同点ゴールを許し呆然とする浦和イレブンとサポーター=ベストアメニティスタジアム(撮影・吉澤良太)

後半終了間際、鳥栖に同点ゴールを許し呆然とする浦和イレブンとサポーター=ベストアメニティスタジアム(撮影・吉澤良太)【拡大】

 J1第33節(29日、鳥栖1-1浦和、ベアスタ)8年ぶり2度目のJ1制覇を目指す浦和は、後半ロスタイムに痛恨の失点を喫し、鳥栖と1-1のドローに終わった。勝ち点62としたが2位に転落。神戸に3-1で快勝したG大阪が得失点差で首位に浮上した。まさかの幕切れだ。1-0リードで迎えた後半ロスタイム。勝ち点3を目前にしながら、左CKを与えると、ゴール前で途中出場の鳥栖DF小林に頭で合わせられ、痛恨のドローとなった。

 浦和は前半4分、左サイドからMF宇賀神が強烈なミドルを放ったが、惜しくもバーに嫌われた。34分には、ハーフライン付近でボールを受けたFW李忠成が、そのままドリブルで持ち込み、相手DFをかわして左足シュート。だが、サイドネットを揺らすだけで、あと一歩のところでゴールを奪えなかった。

 0-0で突入した後半、PKをもらうと23分にMF阿部がきっちりとゴール左に突き刺し、待望の先制点をゲット。そのまま勝利すれば、勝ち点64で首位をキープし、優勝に大きく前進する展開だったが、最後に悪夢が待っていた。

試合結果へ

勝敗表へ