2014.11.19 05:03(2/3ページ)

変幻采配!アギーレ監督、今野弾呼んだ厚い中盤Wボランチ

特集:
アギーレJAPAN
ゴールを決めた今野(左から2人目)は、仲間から祝福(撮影・山田喜貴)

ゴールを決めた今野(左から2人目)は、仲間から祝福(撮影・山田喜貴)【拡大】

 自らの采配で勝利をつかみ取った。後半に投入したMF今野が同16分にCKから先制ヘッドを決めると、アギーレ監督は両拳を握りしめて会心の笑みを浮かべた。

 「この試合の目的を達成することができた。それは勝つことだ。これで喜んで(スペインの)家に1度帰れる」

 アジアのライバル相手に真価が問われる一戦。指揮官は前半35分に両拳を動かして、システム変更を指示。アンカー(中盤の底)に長谷部1人を置く布陣から、長谷部と遠藤にダブルボランチを組ませた。

 中盤の枚数を増やした狙いを「豪州が強いプレスをかけてきてボールをつなげなかったから」と説明。自身の両脇のスペースを狙われ、苦しんでいた長谷部は「システム変更が機能した。前半20分まで球際の1対1を負けていたし、それで相手に押し込まれた」とうなずいた。

【続きを読む】