2014.11.17 05:03(1/3ページ)

初4-4-2テスト!アギーレ監督、ライバル相手に手の内隠し!?

特集:
アギーレJAPAN
練習は冒頭の15分だけ公開。その後、併設する宿泊施設の窓はブルーシートで覆われてしまった (撮影・山田喜貴)

練習は冒頭の15分だけ公開。その後、併設する宿泊施設の窓はブルーシートで覆われてしまった (撮影・山田喜貴)【拡大】

 サッカー・日本代表合宿(16日、大阪府内)18日の豪州戦(ヤンマ)に向けて調整した。ハビエル・アギーレ監督(55)は非公開練習で初めて「4-4-2」布陣を確認。豪州対策か、アジア杯での強敵となる相手への手の内隠しか、FW岡崎慎司(28)=マインツ、FW豊田陽平(29)=鳥栖=の2トップが組まれる可能性が出てきた。豪州代表MFティム・ケーヒル(34)=レッドブルズ=は同じ背番号4のFW本田圭佑(28)=ACミラン=を警戒した。

【続きを読む】