2014.11.4 05:03(5/5ページ)

“日本の星”武藤にじいちゃんの教え!中野成章さんが語る“孫教育術”

9月のベネズエラ戦で代表初ゴールを決めて喜ぶ武藤。端正な顔も、おじいちゃん譲りだ 

9月のベネズエラ戦で代表初ゴールを決めて喜ぶ武藤。端正な顔も、おじいちゃん譲りだ 【拡大】

★武藤は

 中野さんを「お父さん」と呼ぶ。指示したのは中野さんで「まだおいぼれじゃない。おじいちゃんと呼んだら小遣いはもらえないと思え、といっています」と笑った。「いろいろ教えてもらっています。最近は10月のJの後に食事をしました」という武藤はこの日、福島県須賀川市の福島空港公園でFC東京の選手会が主催したサッカー教室に参加。日本代表の活動もあって10月は無休だったが「サッカーを通じて元気を与えたい」との思いで、約350人の子供たちと触れ合った。4日からは3連休で英気を養う。

中野 成章(なかの・よしあき)

 1934(昭和9)年7月25日生まれ、80歳。東京都出身。慶大文学部(西洋史専攻)卒。水泳部でインカレ出場。57年から67年まで産経新聞社で横浜総局や運動部に所属。日本IBMを経て、80年から全国でスイミングスクール運営などを行う「スポーツアカデミー」代表取締役社長。武藤の母の父。

武藤 嘉紀(むとう・よしのり)

 1992(平成4)年7月15日生まれ、22歳。東京・世田谷区出身。4歳でサッカーを始め、FC東京ユースを経て11年に慶大経済学部へ進学。12年から特別指定選手としてFC東京へ。今季、在学のままプロ契約。9月5日のウルグアイ戦でA代表初出場、同9日のベネズエラ戦で初得点。J1今季30試合13得点、同通算31試合13得点。代表通算4試合1得点。家族は両親と姉2人、弟2人。1メートル78、72キロ。

(紙面から)