2014.7.10 11:48

韓国代表・洪明甫監督が電撃辞任!留任決定から1週間で

 サッカーW杯ブラジル大会で韓国代表監督を務めた洪明甫(ホン・ミョンボ)氏(45)が10日午前10時、ソウル市内にあるサッカー会館で記者会見を開き、辞任を正式に発表した。

 洪監督は「1990年に初めて代表選手に選ばれてから約24年間にわたって国家代表として生活した。きょうからはこうした立場を離れようと思う」と辞任の意思を表明し、「国民を失望させて申し訳ない」と謝罪した。

 韓国代表は2敗1分で1次リーグ敗退。これを受け、洪監督の去就が注目された中、大韓サッカー協会は今月3日、許丁茂(ホ・ジョンム)副会長が会見し、「来年1月に豪州で開催されるアジアカップまで任期を満たす」として、留任を発表していた。

 洪監督をめぐっては、代表メンバー選抜の過程で個人的な関係を優先した「義理起用」や戦術に対する批判を浴びたほか、代表メンバーの合宿練習が始まった5月に京畿道城南市に私的に土地を購入していたことなどが問題視されるなど批判が噴出していた。