2014.7.1 09:10

キエッリーニ、スアレスの謝罪を受け入れる「すべて忘れられる」

後半、イタリアのキエリーニ(奥)と交錯し、痛がるウルグアイのスアレス。肩にかみついた疑いがある=ナタル(ゲッティ=共同)

後半、イタリアのキエリーニ(奥)と交錯し、痛がるウルグアイのスアレス。肩にかみついた疑いがある=ナタル(ゲッティ=共同)【拡大】

 ウルグアイ代表FWルイス・スアレスは30日、ワールドカップ(W杯)のイタリア戦で起こしたかみつき事件について、謝罪の声明を出した。これを受けて、肩をかまれたDFジョルジョ・キエッリーニはL・スアレスを許したようだ。

 L・スアレスはキエッリーニに対するかみつきで、FIFAから4カ月の選手活動禁止処分を命じられた。

 L・スアレスの謝罪声明を自身の公式ツイッターでリツイートしたキエッリーニは、「それはすべて忘れられる。僕は、FIFAが君の処分を軽減することを望んでいる」と、L・スアレスにあててツイートした。

 大きな騒動となった今回の事件だが、被害を受けたキエッリーニは問題を長引かせるつもりはないようだ。(Goal.com)