2014.6.30 19:28(2/3ページ)

日本のサポーターは寛大?韓国ファンは怒りあらわ

日本のサポーターは寛大?韓国ファンは怒りあらわも

日本のサポーターは寛大?韓国ファンは怒りあらわも【拡大】

 帰国した韓国代表には、手厳しい歓迎が待っていた。チームが今朝仁川国際空港に降り立つと、選手たちに向けて「ヨット(韓国伝統の飴)」を投げつけるファンまでいたという。現代の韓国語で「ヨットを食べる」というフレーズには汚い意味が込められ、英語で言えば「f**k」にあたるものだそうだ。

 選手たちに対していつも(過度に?)寛大な日本のサポーターとは異なり、韓国のファンは怒りを露わにしている。Jリーグでもプレー経験のあるホン・ミョンボ監督は、W杯開始前の時点で不合理な決断をしたと見なされている。

 ホン・ミョンボ監督が批判されているのは、異常なまでに「彼の選手たち」(ロンドン・オリンピック出場メンバー)を重視したという理由によるものだ。特にアーセナルでここ数年何もできず、W杯でも散々なプレーに終始したパク・チュヨンの起用は批判材料となっている。

 実際のところ、韓国の全体的なパフォーマンスは日本よりもさらに失望を感じさせるものだった。まったく何のアイディアもなく、全体的に脆さが目立ち、特徴のないチームの中でソン・フンミンだけが一人気を吐いていた。

 ホン・ミョンボ監督とサッカー連盟は、これから進む道を決断しなければならない。その結果として、韓国は来年1月のアジアカップに別の指揮官に率いられて臨むことになるかもしれない。

【続きを読む】