2014.6.30 13:57

初の16強進出のギリシャ、選手たちはボーナスを断る

初の16強進出のギリシャ、選手たちはボーナスを断る

初の16強進出のギリシャ、選手たちはボーナスを断る【拡大】

 ギリシャ代表は29日、ワールドカップ(W杯)決勝トーナメント1回戦でコスタリカ代表と対戦し、PK戦の末に敗退した。その彼らが試合を前に、ベスト16進出を果たしたボーナスを断っていたことが分かった。ギリシャ『newsbomb』が報じている。

 ギリシャはグループステージでコロンビアに敗れたものの、日本と引き分け、コートジボワール相手に終了間際の劇的PKで勝利を収め、初のベスト16進出を果たした。

 歴史的な快挙だけに、選手たちもボーナスを心待ちにしているかと思いきや、彼らが望んだものはまったく別の物だった。『newsbomb』によると、ギリシャ代表の全23選手は、署名入りの手紙をアントニス・サマラス首相に届けたという。手紙の内容は、以下のとおりだ。

 「僕たちは追加のお金やボーナスを望んでいません。僕らはただ、ギリシャのため、ギリシャ国民のためにプレーしています。僕らが望むのは、代表チーム用のスポーツセンターを建てる場所を見つけ、建設するための我々の努力への支援です」

 『newsbomb』によると、この手紙は29日にサマラス首相に届けられたとのこと。今大会は、カメルーンやナイジェリアのボーナス騒動が注目され、ガーナも金銭トラブルを抱えた。ギリシャはベスト8に進めなかったが、その心意気は多くの国民の心に響いたことだろう。(Goal.com)

試合結果へ

決勝T日程

決勝T組み合わせ