2014.6.28 05:02(1/3ページ)

【ザックJ敗退の真実(2)】“忘れられた”遠藤からの助言

特集:
ザックJ敗退の真実
コートジボワール戦で香川(左奥)や長友(右)らは、情報を頭に詰め込みすぎた(共同)

コートジボワール戦で香川(左奥)や長友(右)らは、情報を頭に詰め込みすぎた(共同)【拡大】

 カタールで開かれた2011年1月のアジア杯。就任から4カ月余りのザッケローニ監督は練習中にMF遠藤を呼び寄せ、「このチームを率いる上で、注意すべきことはあるか」と尋ねた。

 「日本人はとても真面目で、この代表も真面目な選手ばかりです。どんな要求にも応えようとします。ただし、要求しすぎるとパンクします」

 ベテランの言葉に指揮官は「ありがとう。貴重なアドバイスだ」と応じた。この助言を3年半後のW杯で教訓にできていたなら、結果は変わっていたはずだ。

【続きを読む】