2014.6.25 15:18(1/2ページ)

大久保「全員が納得してやっているわけじゃないように見えていた」

ザッケローニ監督と握手する大久保嘉人=ブラジル・クイアバのパンタナル・アリーナ(撮影・山田喜貴)

ザッケローニ監督と握手する大久保嘉人=ブラジル・クイアバのパンタナル・アリーナ(撮影・山田喜貴)【拡大】

 日本代表は24日(現地時間)、ワールドカップ・グループC最終節のコロンビア戦に1-4で敗れ、決勝トーナメントに進めずに大会を去ることになった。FW大久保嘉人は大会を振り返り、チームの意識に中途半端な部分があったのではないかと語った。

 4年前の南アフリカ大会も経験している大久保。前回は大会直前に守備的な戦いにシフトしたことが功を奏し、ベスト16進出という結果を残した。今回は攻撃的姿勢でいわゆる「日本のサッカー」を見せた上で勝つことを目標に掲げてきたが、果たせなかった形だ。

 「前回は勝ち上がりましたけど、守備的な戦いだったし、今回は自分たちで攻めていこうと。ただ、今回は中途半端だったなっていうのは、入ったときから思いましたね」

 「みんながみんな納得してやっているわけじゃないように見えていたし。今日は開き直ってやってやろうという気持ちになったので、これをベースにやるべきだったかなって自分は思いますけど」

【続きを読む】

関連

  • 1次リーグ敗退が決まり、ピッチに座り込む大久保=クイアバ(共同)
  • 1次リーグ敗退が決まり、ピッチに座り込む大久保=クイアバ(共同)
  • 大久保「全員が納得してやっているわけじゃないように見えていた」
  • 後半、シュートをした際に相手選手と交錯し痛がる大久保=クイアバ(共同)
  • 後半、競り合う大久保嘉人(右)=ブラジル・クイアバのパンタナル・アリーナ(撮影・吉澤良太)
  • 日本-コロンビア後半、GKオスピナに阻まれる大久保=クイアバ(共同)
  • 後半、コロンビアに2点目を許し、さえない表情の本田。右は大久保=クイアバ(共同)
  • 前半、オーバーヘッドシュートを放つ大久保=クイアバ(共同)
  • 前半、オーバーヘッドシュートを放つ大久保(奥)=クイアバ(共同)
  • 前半、オーバーヘッドシュートを放つ大久保(手前)=クイアバ(共同)
  • 前半、コロンビアのバランタ(左)と競り合う大久保=クイアバ(共同)
  • 前半、シュートを放つ大久保(中央)=クイアバ(共同)