2014.6.22 12:31(1/2ページ)

ボスニア・ゼコ、明らかな誤審を批判「主審も家に帰るべき」

ボスニア・ゼコ、明らかな誤審を批判「主審も家に帰るべき」

ボスニア・ゼコ、明らかな誤審を批判「主審も家に帰るべき」【拡大】

 ボスニア・ヘルツェゴビナ代表は21日、ワールドカップ(W杯)・グループF第2節でナイジェリア代表と対戦し、0-1と敗れた。FWエディン・ゼコは審判を批判している。

 ボスニアは前半21分、スルーパスからゼコがネットを揺らしたが、オフサイドの判定で認められず。だが、映像では明らかなオンサイド。ジャッジに泣くこととなった。

 すると29分、ナイジェリアに先制点を奪われる。自陣左サイドで、DFエミール・スパヒッチがナイジェリアFWエマヌエル・エメニケとボールを争う中で転倒。抜け出したエメニケの折り返しから、FWピーター・オデムウィンギに決められてしまう。

 ボスニア陣営はエメニケのスパヒッチに対するファウルだと主張するが、抗議は受け入れられず。ビハインドを背負ったボスニアは攻撃に出るが、最後まで得点を奪えない。アディショナルタイムにはゼコのシュートがゴールマウスに嫌われるなど、不運にも泣いた。

【続きを読む】