2014.6.16 05:04(1/3ページ)

香川、屈辱シュート0…W杯デビューも後半41分無念の交代

特集:
香川真司
同点に追いつかれ、香川(中央)はうつむいた(共同)

同点に追いつかれ、香川(中央)はうつむいた(共同)【拡大】

 ブラジルワールドカップ1次リーグC組(14日、コートジボワール2-1日本、レシフェ)ほろ苦いW杯デビューだ。初出場のMF香川真司(25)=マンチェスター・ユナイテッド=はシュート0本に終わった。4年前のサポートメンバーから背番号「10」のエースに成長したが、動きが鈍く後半41分に交代した。反撃への期待を背負ったFW大久保嘉人(32)=川崎=は後半22分から途中出場。チームの連係も機能せず、不発に終わった。右膝手術から復帰した主将のMF長谷部誠(30)=ニュルンベルク=は強行出場して、後半9分の交代までチームを引っ張った。

【続きを読む】