2014.6.15 05:56

ウルグアイ、コスタリカに逆転負け…フォルランは途中交代

ウルグアイ-コスタリカ 前半、コスタリカのテヘダ(奥)からタックルされるウルグアイのフォルラン=フォルタレザ(ゲッティ=共同)

ウルグアイ-コスタリカ 前半、コスタリカのテヘダ(奥)からタックルされるウルグアイのフォルラン=フォルタレザ(ゲッティ=共同)【拡大】

 ブラジルワールドカップ1次リーグD組(14日、ウルグアイ1-3コスタリカ、フォルタレザ)ウルグアイは、前半にPKで先制をしたが、後半に3点を奪われ逆転負けを喫した。FWフォルラン(C大阪)は、先発出場し、後半15分までプレーをしたが、シュート3本、無得点に終わった。

 ウルグアイは、前半24分にPKをカバ二が決め先制。しかし1点リードの後半9分、右サイドからのクロスを、キャンベルに決められコスタリカに同点に追いつかれた。勢いに乗るコスタリカを止めることができず、同12分にはピッチ中央でのFKからドゥアルテに頭で決められ逆転を許した。失点の直後にフォルランは、ゴンサレスと交代した。同点に追いつきたいウルグアイは、攻撃的なサッカーを展開。しかし同39分、ウレニャに3点目を決められてしまい、W杯初戦を落とした。

コスタリカ・ピント監督「コスタリカと中米にとって素晴らしい勝利だ。特に攻撃面で力を発揮してくれた選手たちにグレートと言いたい」

ウルグアイ・タバレス監督「最初の大事な試合という意識が強く、選手は少し硬かったかもしれない。きょうは、サッカーでは何が起こるか分からないとよく分かった」

試合速報へ

D組日程へ

W杯組み合わせ