2014.6.14 17:34

香川、オランダの戦いを見習う「全員で攻守にハードワークしたい」

特集:
香川真司
香川真司
香川、オランダの戦いを見習う「全員で攻守にハードワークしたい」

香川、オランダの戦いを見習う「全員で攻守にハードワークしたい」【拡大】

 日本代表は現地時間14日、ブラジル・ワールドカップ(W杯)グループC第1節のコートジボワール戦に臨む。日本代表MF香川真司は、13日の試合でスペインに5-1の大勝を収めたオランダのような戦いで初戦勝利を飾りたいと意気込みを語った。

 前回大会決勝の再戦となったグループB初戦は、オランダが王者スペインを大差で破るという衝撃の結果となった。この試合を観戦した香川は、オランダのハードワークこそが日本代表の見習うべき部分だと話している。

 「実力的には明らかにスペインの方が上でしたけど、みんなハードワークしていて、ああいう戦いが必要になってくるんだなって思います。取ってからすごく速かったですし、常に相手の隙を突いていたので」

 「僕たちにも同じことが言えると思うし、必ずディフェンスラインに隙があると思う。そこを僕らがうまく突けるかがポイントだと思うし、全員で攻守にハードワークしたいなって思います」

 アルベルト・ザッケローニ監督や選手たちが口をそろえて語るのは、今大会では日本の持ち味となった攻撃的なサッカーにこだわり、その上で結果を出すことだ。

 「自分たちのサッカーを追求してきたので。僕たちは見せるために来たし、それで勝つために来た。そういう意気込みで4年間やってきたものをしっかり出せるチームが強いと思うし、そういうチームになれるようにね」

 「自分たちが主導権を握ってゴールに迫っていくサッカーだったり、攻守の切り替えで相手に対してプレスをかけることだったり、そういうことが基本的だけど大事になってくると思うので。最初から自分たちのスタイルを貫いて、ギリギリの戦いを競り勝っていきたいなって思います」(Goal.com)

C組日程へ

代表メンバーへ

W杯組み合わせ