2014.6.13 09:00

クロアチア監督が西村主審を批判「あれがPKならサッカーをする必要ない」

クロアチア監督が西村主審を批判「あれがPKならサッカーをする必要ない」

クロアチア監督が西村主審を批判「あれがPKならサッカーをする必要ない」【拡大】

 クロアチア代表は12日のワールドカップ(W杯)開幕戦で、ブラジルに1-3と敗れて黒星発進となった。ニコ・コバチ監督は、西村雄一主審のPK判定に納得がいかないようだ。

 前半にオウンゴールで先制したクロアチアだが、FWネイマールのゴールで追いつかれ、タイスコアで前半を終える。好ゲームを見せていたクロアチアだったが、決定的となったのが69分のプレーだ。DFデヤン・ロブレンがFWフレッジを倒したとして、PKを献上してしまう。

 厳しい判定にも見え、クロアチアの選手たちは西村主審に詰め寄ったが、判定は覆らず。PKをネイマールに決められ、逆転されたクロアチアは、その後反撃を試みたが、逆に3点目を許して敗れた。

 コバチ監督は試合後、判定への不満を表し、西村主審を厳しく批判している。クロアチアのテレビで次のように語った。

 「あれがW杯の始まりだというなら、我々は諦めて家に帰った方が良い」

 「リスペクトというが、あれはリスペクトではなかった。クロアチアは何も得られなかった」

 「あれがPKなら、我々はもうサッカーをする必要がない。代わりにバスケットボールをしよう。残念だよ」

 「我々は素晴らしい印象を残した。選手たちには脱帽だ。彼らを率いることができるのは名誉なことだよ」

 「主審は我々とブラジルで判定基準が違っていた。W杯のジャッジとして残念だよ! 私は選手たちを誇りに思う」(Goal.com)

試合速報へ

A組日程へ

W杯組み合わせ