2014.6.6 11:30(1/2ページ)

【乾坤一筆】韓国のいきすぎた「旭日旗」非難に違和感

特集:
ベテラン記者コラム・乾坤一筆
2012年ロンドン五輪サッカー男子3位決定戦で韓国選手が竹島領有を主張するメッセージボードを掲げた

2012年ロンドン五輪サッカー男子3位決定戦で韓国選手が竹島領有を主張するメッセージボードを掲げた【拡大】

 サッカーW杯の開幕が近づき、日本代表の活躍への期待など気分が高まってきた。一方で不愉快な関連ニュースも聞こえてくる。韓国の報道によると、同国の大学教授が日本代表のユニホームのデザインを変更させるよう求める書簡を、国際サッカー連盟(FIFA)や出場各国のサッカー協会などに送ったという。

 この教授は5月28日付米紙ニューヨーク・タイムズに同趣旨の広告を掲載し、旭日旗とナチス・ドイツのかぎ十字旗を並べて「かぎ十字は世界中で禁止されているが、旭日旗デザインはいまだに使用されている」と一方的な主張を展開。2012年ロンドン五輪の体操と、今回のW杯の日本代表ユニホームの写真を使用例として掲げている。

 この数年、韓国の旭日旗ヒステリーは度を超している。「戦犯旗」「軍国主義の象徴」などとそしり、旭日の意匠を使用した英のすし会社や伊の携帯電話関連メーカーに大量のメールを送りつけて抗議するわ、旭日模様の描かれた歴史あるステンドグラスを撤去しろと米大学に訴えるわ、国会議員が使用を禁止する法律を作ろうとするわ…。

【続きを読む】