2014.5.24 05:00

【W杯名勝負列伝】98年フランス大会準々決勝 ブラジル3-2デンマーク

特集:
W杯名勝負列伝
チーム3点目を決めたリバウド(手前中央)に、(左から)ロベルトカルロスやロナウド、ベベットが駆け寄って祝福した(ロイター)

チーム3点目を決めたリバウド(手前中央)に、(左から)ロベルトカルロスやロナウド、ベベットが駆け寄って祝福した(ロイター)【拡大】

 1998年フランス大会準々決勝。優勝候補のブラジルとデンマークの一戦は予想外の打ち合いとなり、スペクタクルな試合が繰り広げられた。

 開始2分。棒立ちのブラジル守備陣を見抜いたデンマークFWのB・ラウドルップがFKを素早くリスタート。MFヨーゲンセンが反応し、瞬く間にデンマークが先制した。だが、ブラジルも黙っていない。11分にFWベベット、27分にはMFリバウドの連続ゴールでひっくり返す。

 デンマークの果敢にゴールを目指す姿勢がブラジルのミスを誘う。後半5分。DFロベルトカルロスがなんとゴール前でクリアミス。背後にいたB・ラウドルップが難なく同点ゴールを決めた。

 壮絶な打ち合いに決着をつけたのはリバウドだった。同14分、この日2点目となる25メートルのミドル弾を決め3-2でブラジルが振り切った。B・ラウドルップは「観衆を魅了するサッカーをしようとみんなで話し合った。その通りのプレーができた」と、敗れても満足げに語った。

(紙面から)