2014.5.19 05:00(1/4ページ)

【さよなら国立競技場(1)】改装で初めて知った「サッカー日本代表国立1号」

1960年12月にサッカー日本代表国立初ゴールを挙げた川淵(左)は61年5月のマラヤ戦で先制弾。国際Aマッチでの国立初得点も記録した

1960年12月にサッカー日本代表国立初ゴールを挙げた川淵(左)は61年5月のマラヤ戦で先制弾。国際Aマッチでの国立初得点も記録した【拡大】

 2020年東京五輪に向け、建て替えられるため解体に入る国立競技場。日本スポーツ界の聖地を彩ったアスリートが回顧、惜別の思いを語る「さよなら国立競技場」を7回にわたって連載。第1回は記念すべき「サッカー日本代表の国立初ゴール」を1960年12月11日の親善試合で挙げた川淵三郎氏(77)=日本サッカー協会最高顧問=が、歴史的シーンを振り返った。

【続きを読む】