2014.5.11 05:02

浦和・原口不発…5戦1点で“白旗”「嘉人さんなら納得」

競り合う浦和・原口(左)と大宮・今井

競り合う浦和・原口(左)と大宮・今井【拡大】

 J1第13節(10日、大宮0-2浦和、NACK)日本代表候補の浦和MF原口元気(23)は無得点のまま、2-0の後半39分に交代。「あそこからカウンターのチャンスがあったのに」と天を仰いだ。

 普段はセットプレーを蹴らないが、後半16分にゴール前左斜め45度のFKを立候補。「1点取りたかった。あの角度は試合の流れでよく決めている」。しかし、壁に当ててしまった。

 W杯メンバー入りを目指し、GW期間の5試合で「3ゴール」のノルマを掲げたが1得点に終わった。攻守に運動量は見せたものの、「もう少し意識しないでプレーできれば」とこぼした。この日、「ジョーカー枠」を争う川崎FW大久保が2得点。「嘉人さんが選ばれるのなら納得できる。あれだけの結果を残している。俺があの立場なら、どうすればいいんだと思う」。ライバルの健闘をたたえ、運命の日を待つ。 (浅井武)

試合結果へ

(紙面から)