2014.5.7 05:01(1/2ページ)

G大阪・宇佐美、美人妻の前で今季初得点!誕生日&結婚記念日祝う

ジャンピングボレーを放つG大阪・宇佐美貴史=6日、万博記念競技場(撮影・山田喜貴)

ジャンピングボレーを放つG大阪・宇佐美貴史=6日、万博記念競技場(撮影・山田喜貴)【拡大】

 J1第12節第1日(6日、G大阪3-0徳島、万博)G大阪は徳島に3-0で快勝。今季初先発したFW宇佐美貴史(22)が前半37分に先制点を決め、22歳の誕生日と結婚記念日を自らの復帰弾で祝った。新潟は清水に2-1で辛勝。日本代表候補のFW川又堅碁(24)が後半ロスタイムに自らのクロスが相手DFに当たってオウンゴールとなるラッキーな決勝点を挙げた。鳥栖が柏を1-0で下し、勝ち点24で首位に浮上。浦和は現行の国立競技場最後のJ1戦で引き分け、2位に後退した。

 用意されていた“ごほうび”を今季初先発したFW宇佐美がすべて手に入れた。“復帰&決勝&バースデー&結婚記念日弾”となるゴールを決め、下位に沈むチームに勢いをもたらした。

 「“もってる”な、ラッキーだなと思う。神様に感謝するしかない」

 試合後、クールな男が思わず声を弾ませた。歓喜の瞬間が訪れたのは前半37分だ。DF藤春が送った左からのクロスに相手GKが触れず、走り込んだ背番号39が右足を伸ばし、ほんの少しボールに触れた。ゴールネットが揺れた瞬間、地鳴りのようにスタジアムがわいた。勢いに乗ったチームは今季最多の3得点をたたき出した。

【続きを読む】