2014.4.29 05:00

【W杯ヒストリー】第17回 02年日韓大会

特集:
W杯ヒストリー
ロシア戦でゴールを決めた稲本は、得意げな表情。日本は初の決勝トーナメント進出を果たした

ロシア戦でゴールを決めた稲本は、得意げな表情。日本は初の決勝トーナメント進出を果たした【拡大】

 史上初めてアジアで開催。2国共同開催も初めてだった。

 トルシエ監督率いる日本は1次リーグを2勝1分けで突破したが、トルコとの決勝トーナメント1回戦に0-1で敗れた。韓国は有利な判定にも助けられイタリア、スペインの強豪を連破し、アジア勢初の4強に進出した。

 決勝はブラジルとドイツの初対決となった。守護神のGKオリバー・カーン擁するドイツにロナウド、リバウド、ロナウジーニョの「3R」が襲いかかる。ロナウドの2ゴールでブラジルが2-0の勝利。5度目の優勝を飾り、ロナウドは8得点で得点王も獲得。前大会の雪辱を果たした。

 前回王者のフランスは欧州各国リーグの得点王が3人いながら、3戦とも零封され大会を去った。ポルトガル、アルゼンチンも敗退と、大波乱の1次リーグとなった。

第17回大会データ

 ▼開催期間 2002年5月31日~6月30日(31日間)▼予選参加 195カ国▼本大会出場 32カ国▼試合方式 4チーム8組の1次リーグ。各組上位2位までの16チームによる決勝トーナメント▼総得点 101得点▼得点王 ロナウド(ブラジル)=8得点▼MVP オリバー・カーン(ドイツ)

(紙面から)