2014.4.18 10:58

長友が「ジェントルマン・アワード」にノミネート

特集:
長友佑都
長友が「ジェントルマン・アワード」にノミネート

長友が「ジェントルマン・アワード」にノミネート【拡大】

 インテルミラノDF長友佑都が第19回「ジェントルマン・アワード」にノミネートされた。インテルミラノが公式ウェブサイトで明かしている。

 「ジェントルマン・アワード」は、ピッチでの誠実さやエレガントさ、フェアプレーが評価された選手に贈られる賞。サポーターの投票に基づき、「インテルミラノ/ACミラン・ジェントルマン賞」と「セリエAジェントルマン賞」が贈られる。前者は自由に選手の名前を挙げ、後者は下記10名の中から1名に投票する形だ。

 マッティア・ペリン(ジェノア)

 長友佑都(インテルミラノ)

 アンドレア・ピルロ(ユベントス)

 アントニオ・ディ・ナターレ(ウディネーゼ)

 フランチェスコ・トッティ(ローマ)

 ジョナタン・ビアビアニー(パルマ)

 ヘルマン・デニス(アタランタ)

 バーロン・ベラーミ(ナポリ)

 ジュゼッペ・ロッシ(フィオレンティナ)

 カカー(ACミラン)

 投票は「ジェントルマン・アワード」の公式ウェブサイト(http://www.premiogentleman.it/)、パートナーである『ガゼッタ・デッロ・スポルト』紙の公式ウェブサイト(http://www.gazzetta.it/)から可能。また、iPhoneユーザーには無料アプリ「Premio Gentleman Fair Play」も用意されている。投票期間は30日まで。5月8日にはミラノ市内のホテルで授賞式が行われる。(Goal.com)