2014.4.2 11:10

広島・水本、判定に不満「理解しづらいジャッジだった」/ACL

広島・水本「理解しづらいジャッジだった」/ACL

広島・水本「理解しづらいジャッジだった」/ACL【拡大】

 1日に行われたAFCチャンピオンズリーグ(ACL)グループF第4節、FCソウル対サンフレッチェ広島は2-2の引き分けに終わった。広島DF水本裕貴は試合後に勝利を逃した悔しさを見せるとともに、判定にも不満をのぞかせた。

 2-1で広島がリードして迎えた89分、水本はゴール前で相手を引っ張ったと判定されて退場。このプレーで与えたPKはGK林卓人が見事にストップしたが、アディショナルタイムにもう1本取られたPKを決められた広島は、敵地での大きな白星をあと一歩で逃すことになってしまった。

 水本は自身のプレーに対する判定には納得がいかない様子で、試合後に次のようにコメントしている。

 「2つ目のPKは分からないですけど、僕自身のPKも、僕は普通のプレーだとは思います。多少ゴール前の競り合いはあるにしても、明らかに『うーん』っていう感じですけど」

 「レフェリーは引っ張ったということをたぶん言っていたと思うんですけど、僕自身はそういう意識はないので。もしかしたら本当に引っ張っていたのかもしれないですけど、ただちょっとサンフレッチェにとっても僕にとっても理解しづらいジャッジだったのかなとは思います」

 グループFは4試合を終えて、セントラルコースト・マリナーズが勝ち点6、ほか3チームが勝ち点5で並ぶ大混戦。だからこそ広島としては首位に抜け出すチャンスを潰されてしまったことに悔いが残る。

 「勝ち点3を獲って帰るっていう目標を達成したかったですし、本当に目の前にあっただけに、悔しさはやっぱりありますね。ピッチが決して良くない中でもやるべきことをやれましたし、我慢強くみんなで守ることができたっていうのは良かったですけど、勝ち点3を獲れなかったのはすごく残念です」(Goal.com)

試合結果へ