2014.3.30 20:42

FC東京のマテウスは全治6カ月…8月復帰目指しブラジルでリハビリへ

 FC東京は30日、右膝前十字靱帯損傷で離脱しているDFマテウス(29)が27日に手術を受け、全治6カ月と診断されたと発表した。8月のチーム再合流を目指しブラジル国内でリハビリする。

 マテウスはブラジルリーグ・SEビトーリアから1年間の期限付きで今季加入。1メートル90の長身で、日本代表DF森重真人とのセンターバック・コンビとして期待が集まっていた。しかし、2月22日の浦和との練習試合で負傷し、ブラジルに帰国していた。