2014.3.24 05:05(1/3ページ)

J初の無観客試合…浦和・槙野「拍手もため息もないのは難しい」

J初の無観客試合…浦和・槙野「拍手もため息もないのは難しい」

Jリーグ史上初めて無観客で試合が行われた埼玉スタジアム。ボールを蹴る音と選手の声だけが響いた(撮影・三尾郁恵)

Jリーグ史上初めて無観客で試合が行われた埼玉スタジアム。ボールを蹴る音と選手の声だけが響いた(撮影・三尾郁恵)【拡大】

 J1第4節(23日、浦和1-1清水、埼玉)広大なスタジアムにボールを蹴る音と選手の声だけがむなしく響いた。一部のサポーターが差別的な横断幕を掲げた問題で処分を受けた浦和が、サッカーJリーグ史上初となる無観客試合で清水と対戦し、1-1で引き分けた。入場曲など娯楽性は一切排除され、選手はモチベーションが上がらない状況に苦戦。6万3700人収容の埼玉スタジアムが入場者0人と記録される不名誉な1日を胸に刻み込んだ。

【続きを読む】

  • いつもは浦和のチームカラーの赤一色に染まるスタンドだが…
  • 無観客で行われた前半=埼玉スタジアム(撮影・吉澤良太)
  • 後半、同点ゴールを決め浦和・槙野(右・5番)とタッチを交わす原口(中央・9番)=埼玉スタジアム(撮影・三尾郁恵)
  • 試合中、スタジアムには観客の姿はなく、がらんとしていた=埼玉スタジアム(撮影・三尾郁恵)
  • 引き分けで試合を終え、ピッチを後にする選手たち=埼玉スタジアム(撮影・三尾郁恵)
  • 前半、攻め込む浦和・原口(中央)。左は清水・竹内=埼玉スタジアム(撮影・吉澤良太)