2014.1.28 05:02

全ての“タイ獲る”!キャプテン俊輔、昨季V逸雪辱へ決意の始動

ランニングで汗を流す俊輔。6月で36歳となるシーズンへ向けて始動した(撮影・古厩正樹)

ランニングで汗を流す俊輔。6月で36歳となるシーズンへ向けて始動した(撮影・古厩正樹)【拡大】

 昨季天皇杯覇者のJ1横浜Mが27日、横浜市内で始動。新たに10番を背負う元日本代表MF中村俊輔(35)は4年連続でキャプテンに任命され、決意を新たにした。

 「一番はピッチでいいプレーを見せること。今年のテーマは発展。すべてのタイトルを取りにいきたい」

 冷たい浜風が吹きつけるなか、短パン姿で現れると午前はランニング中心、午後はミニゲームなどで汗を流した。

 昨季はわずか勝ち点1差でリーグ優勝を逃した。2004年以来の制覇、さらに天皇杯連覇やナビスコ杯、アジア・チャンピオンズリーグを狙うため、「太いパイプを作りたい」とチームのまとめ役になるつもりだ。

 ここ3年、春先はアクシデントが続いた。11年は新燃岳噴火で宮崎キャンプが中止。12年はインフルエンザでキャンプを全欠した。昨年は風邪で始動日に別メニュー調整。「早く休んで、よく栄養を取る」と万全の状態で、2月1日から始まる宮崎キャンプに挑む。

 日本代表への復帰を望む声も聞かれるが「それはない」とキッパリ否定。チームに専念し、全タイトル奪取に挑む。(宇賀神隆)

(紙面から)