2014.1.19 05:02

FC東京フィッカデンティ監督“伊流スパルタ調整”で初V宣言

FC東京・フィッカデンティ監督=FC東京小平グランド(撮影・吉澤良太)

FC東京・フィッカデンティ監督=FC東京小平グランド(撮影・吉澤良太)【拡大】

 J1のFC東京が18日、小平市内で始動。就任会見に臨んだマッシモ・フィッカデンティ新監督(46)は練習前、約900人のサポーターに「何としても一番高い順位にいけるようにしたい」と挨拶し、高らかにJ1初制覇を宣言した。

 目標達成の切り札は、“イタリア流スパルタ調整”だ。クラブの行事がない日はしばらく、沖縄キャンプも含めてオール2部練習。チーム関係者が「練習時間も長いし、水を飲む時間も管理している」と驚く厳格さだ。日本代表DF森重真人(26)は「守備に関しては細かい」と、日本代表のザッケローニ監督と共通する細部へのこだわりを肌で感じた。

 イタリアでは“サムライ監督”とも称され「ラーメンも焼き肉も好き」という日本通。「多くのサポーターも来てくれて、環境も素晴らしい。いいチームになる」。DF長友をセリエAでの成功に導いたJ初のイタリア人監督が、力強く第一歩を踏み出した。(志田健)

(紙面から)