2014.1.16 03:52

ミラン本田、イタリア初ゴール! 左足の強烈弾で勝利に貢献

ミラン本田、イタリア初ゴール! 左足の強烈弾で勝利に貢献

 セリエA・ACミランの日本代表MF本田圭佑(27)が15日(日本時間16日午前2時開始)、イタリア杯5回戦・スペツィア(セリエB)戦で、ホーム初出場、公式戦初スタメンを飾った。後半2分には、GKのこぼれ球に走り込んで強烈な左足シュートを決め、イタリア初ゴールを挙げた。本田はホームの大歓声のなか、チームメートに抱きつかれ、満面の笑みでサポーターに応えていた。後半19分にベンチに下がったが、チームは3-1で勝ち、ベスト8に進出した。

 12日に敵地でのサッスオロ戦で途中出場し、セリエAデビューを果たした本田が、ホームでロビーニョ、パッツィーニらとともにミランの前線を張った。

 前半9分には、敵陣でボールを受けると鋭いドリブルで突破するなど勢いをみせた。18分には、競り合いから相手の肩を引っ張り、“イタリア初イエロー”をもらった。闘志あふれるプレーが光るなか、23分には約25メートルのFKを任され、前線にやわらかいパスを供給。味方を経由し最後はパッツィーニが決定機を外したが、セットプレーでも主役を演じた。

 28分、右サイドからのパッツィーニのクロスにロビーニョがダイビングヘッドで合わせミランが先制。32分には本田とロビーニョの細かいパス交換から、リズムを作ると最後はパッツィーニが右足でネットを揺らし、2点目を奪った。

 後半に入ると本田がいきなり魅せた。2分、モントリーボのミドルシュートをGKが弾いたところを、ゴール左から走り込み強烈な左足シュートを決めた。記念のイタリア初ゴールでミランが3-0とリードを広げた。

 本田は後半19分、途中交代しベンチから戦況を見守った。試合は、ミランが3-1で勝利しベスト8進出を決めた。