2014.1.8 05:02

“磐田一筋”の前田、横浜M移籍へ 逆転W杯へ新たな挑戦!

横浜Mへの移籍が濃厚となった前田。新天地で日本代表復帰を目指す(撮影・吉澤良太)

横浜Mへの移籍が濃厚となった前田。新天地で日本代表復帰を目指す(撮影・吉澤良太)【拡大】

 来季J2に降格する磐田の元日本代表FW前田遼一(32)が、J1横浜Mに移籍することが7日、濃厚になった。関係者によると前田は、近く行われる磐田側との会談で決断を伝える見込みだ。

 2000年のプロ入り以来、磐田一筋の前田は今季、9ゴールと5年連続の2桁得点を逃し、チームは初めて降格した。しかし、横浜Mは09年から2年連続で得点王に輝いたベテランを高く評価。退団した今季16得点のFWマルキーニョスの後釜として、獲得のオファーを出していた。

 ブラジルW杯予選突破に貢献した前田だが、代表ではFW柿谷(C大阪)らが台頭。W杯出場へ、新たな挑戦の必要性を感じているという。移籍金などの交渉がまとまれば、今週末にも「マリノス前田」が誕生する。

前田 遼一(まえだ・りょういち)

 1981(昭和56)年10月9日生まれ、32歳。神戸市出身。2000年に東京・暁星高から磐田に入団し、同年5月の川崎戦でJ1初出場、01年9月の清水戦で同初得点を挙げた。09、10年のJ1得点王。日本代表デビューは07年8月のカメルーン戦で、初得点は同10月のエジプト戦。J1昨季33試合9得点、同通算326試合137得点。代表通算33試合10得点。1メートル83、80キロ。

(紙面から)