2014.1.3 11:41

FIFA会長、ダイブ対策でシン・ビン制導入に言及

FIFA会長、ダイブ対策でシン・ビン制導入に言及

FIFA会長、ダイブ対策でシン・ビン制導入に言及【拡大】

 FIFAのジョゼフ・ブラッター会長が、サッカーにおけるシミュレーションを厳しく糾弾している。同会長はシミュレーションを減らすために、ラグビーにおけるシン・ビン制(一時退場)の導入にも言及した。

 MF香川真司の同僚であるマンチェスターUのMFアドナン・ヤヌザイやMFアシュリー・ヤング、リバプールFWルイス・スアレス、先日の試合におけるチェルシーMFオスカルなど、プレミアリーグでは今季、シミュレーションが話題になることが少なくない。

 ブラッター会長は『FIFAウィークリー』で、シミュレーションへの不快感をあらわにしている。複数メディアが同会長のコメントを伝えた。

 「だますことをやめるのは、対戦相手とファンに対する敬意であり、さらにはプロとして、模範としての自分への敬意でもある。ほかのスポーツでは軽蔑されるが、最近のサッカーでは普通のことになり、受け入れられてしまっている。信じられないほどにアンフェアであり、映像で見ればバカげたものであるにもかかわらず、ずる賢いとか、ひどければささいなことだと考える人もいる」

 「これは、PKをもらうためにペナルティーエリア内で大げさなダイブをすることも含まれる。私は非常に苛立つんだ。特に、半分死んだ(かに見える)選手が、ピッチを離れてすぐに生き返るのを見るとね。タッチラインには、医療専門家ですら説明できない再生力を持っているかのようだ」

 そして、ブラッター会長はそういったシミュレーションに対するペナルティーとして、シン・ビン制が一案であることをほのめかしている。

 「この件に関する指示は明確だ。選手がピッチに倒れても、相手チームはボールを外に出すことを要求されない。介入すべきは、主審が深刻なケガだと考えた場合のみだ。倒れていた選手が、ピッチを離れてすぐにプレーに戻ろうとしたら、主審は数的不利が試合に影響するまで、その選手を待たせることができる」

 「実質的には、これは一時的なペナルティーとなる。それにより、シミュレーションをする選手たちが考え直すかもしれない」(Goal.com)