2013.12.29 05:02

横浜M“3度目の正直”J発足後初の決勝進出へ/天皇杯

 サッカーの天皇杯は29日、横浜M-鳥栖(日産ス)、FC東京-広島(国立)の顔合わせで準決勝が行われる。横浜Mは来年1月1日の決勝(国立)に進めば、前日の31日に選手全員で東京都内のホテルに前泊し、結束を固めるプランを用意。93年のJ発足後、チーム初となる決勝進出を目指す。

 前身の日産自動車時代に6度の優勝を誇る横浜Mも、93年のJリーグ発足後は決勝進出すら1度もない。そんなチームをクラブ側が全面バックアップする。鳥栖に勝って決勝進出を決めた場合、31日は東京都内のホテルに前泊し、チーム全員で年越し。結束を固めるプランを用意した。

 この日は横浜市内で約1時間、ミニゲームなどで調整。天皇杯はここ2年連続で準決勝に進出しながら、いずれも敗退。鳥栖は最近の公式戦6試合5勝1分けで「勢いがあるけど、こっちはファイティング、気持ちだ」と、MF中村俊輔(35)は胸に拳をあてながら、鳥栖を迎撃しての決勝進出を見据えた。(宇賀神隆)

天皇杯日程へ

(紙面から)