2013.12.8 05:04(1/2ページ)

横浜M、今季初連敗でV逸…俊輔号泣「本当の実力がない」

まさかのV逸…。俊輔は人目もはばからず号泣した(撮影・桐山弘太)

まさかのV逸…。俊輔は人目もはばからず号泣した(撮影・桐山弘太)【拡大】

 J1最終節(7日、川崎1-0横浜M、等々力)現実を受け止められなかった。0-1のまま5分間のロスタイムが過ぎてタイムアップ。その瞬間、MF中村俊はピッチの上に倒れ込み、サポーター席の前では両脇を抱えられながら号泣。まさかの2位に、1人では歩くこともできなかった。

 「応援してくれたサポーターに申し訳ないと思って…。まだ本当の実力がないということ」

 めったに感情を表に出さない男が、人目をはばからず泣いた。勝てば優勝の大一番だったが、後半9分に一瞬のスキをつかれ、川崎FWレナトに先制を許す。その後は自らが中心となって猛攻をしかけたが、最後まで1点が遠かった。

 残り2試合の時点で1つ勝てば優勝だった。だが前節の新潟戦に0-2で破れ、この日も無得点で黒星。今季連敗のなかった横浜Mが大事な最終盤に取りこぼす連敗で、9年ぶりのタイトルを逃した。

【続きを読む】