2013.12.1 05:04(3/3ページ)

横浜M、ホームでV決められず…俊輔「もう一度チャンスある」

横浜M、ホームでV決められず…俊輔「もう一度チャンスある」

前半、ドリブルで突破をはかる横浜M・中村=日産スタジアム(撮影・大西正純)

前半、ドリブルで突破をはかる横浜M・中村=日産スタジアム(撮影・大西正純)【拡大】

 「ネガティブになる必要はない。もう一度チャンスがあるのは、うちだけだから」と俊輔が前を向いた。DF中沢も「サッカーの神様は甘くないということ」。広島と鹿島に優勝の可能性が残ったとはいえ、自力で達成できるのは横浜Mだけ。有利な状況に変わりはない。

 「これから立て直して最後の試合に勝てば、得るものは大きい」

 俊輔が川崎戦(等々力)に向け、気合を入れた。3位以内が確定し、来季のアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)出場権を獲得しても「優勝しか考えていない」と言い切った。最後の力を振り絞り、大混戦のJ1を制する。(宇賀神隆)

★J1優勝の行方

 優勝の可能性を残すのは1位横浜M(勝ち点62)、2位広島(同60)、3位鹿島(同59)の3チーム。横浜Mは最終節の川崎戦(等々力)に勝てば他チームの結果に関わらず優勝。引き分けでも、広島が同時刻の鹿島戦(カシマ)に引き分け以下だと優勝が決まる。横浜Mは負けても、鹿島-広島が引き分けなら優勝となる。

 横浜Mが引き分けて広島が勝てば勝ち点63で並ぶが、得失点差で広島が優勝。鹿島が勝って横浜Mが負けると勝ち点62で並ぶが、得失点差が現在9開いており、状況は厳しい。

データBOX

◎…日産スタジアムで行われた横浜M-新潟は、優勝決定が懸かった一戦とあってリーグ戦で史上最多となる6万2632人の観客が集まった。従来の記録は2006年最終節に埼玉スタジアムで行われた浦和-G大阪の6万2241人。
◎…リーグ戦以外では、日産スタジアムで開催された2004年のチャンピオンシップ第1戦、横浜M-浦和の6万4899人が最多記録。

試合結果へ

(紙面から)

  • 先制点を許し、俊輔(中央)らは厳しい表情。ホームの大観衆の前で優勝を決められず、決定は最終節に持ち越された(撮影・吉澤良太)
  • 優勝を決められなかった横浜M・中村(中央)は悔しそうに勝利を喜ぶ新潟イレブンを見つめる=日産スタジアム(撮影・吉澤良太)
  • 前半、ドリブルで突破をはかる横浜M・中村=日産スタジアム(撮影・大西正純)
  • 後半、新潟のレオ・シルバにマークを受ける横浜M・中村=日産スタジアム(撮影・大西正純)
  • 後半、シュートを阻まれる横浜M・中村=日産スタジアム(撮影・大西正純)
  • 後半、シュートを阻まれる横浜M・中村=日産スタジアム(撮影・大西正純)
  • ホーム最終戦で優勝を逃した横浜M・中村。晴れない表情でスタジアムを1周した=日産スタジアム(撮影・大西正純)
  • ホームの優勝を逃した横浜Mイレブン=日産スタジアム(撮影・大西正純)
  • 後半、新潟・鈴木に追加点を許し、肩を落とす中村(中央)ら横浜Mイレブン=日産スタジアム(撮影・吉澤良太)